病院事業管理者挨拶

 

takemura

 平成30年4月1日より、串本町病院事業管理者に就任いたしました。前職は近畿大学医学部小児科学教室に勤務いたしておりました。医学部卒業後、その大半を医学部附属病院で過ごして参りました。大学医学部は、教育、診療、研究が仕事の3本柱であったことから、本格的な地域医療行政の経験はありません。近畿大学医学部附属堺病院では病院長を務めましたが、少子高齢化問題を抱える地域医療の運営とは大きく異なるものであり、これまでの自分の医療経営のスタンダードを変える必要があると思っております。これから多くの方々のご指導を仰ぎながら、地道に努力を重ね、実力をつけて串本町の医療行政に貢献して行きたいと思います。

 患者さまのことを英語で「Patient=ペイシェント」と言います。Patience はその名詞ですが、その意味は「我慢すること、耐えること」の意味を持ちます。患者さまは、体の痛みだけでなく、心の痛みも併せ持ちます。病院のことを英語で「Hospital=ホスピタル」と言いますが、その語源は、「人をもてなす」というところに由来があります。すなわち、「心身の痛みを我慢する人を優しくもてなす」ことが病院の本質です。患者さまとは水平で同一な目線で接し、患者さまの辛いことを共有するといった気持ちが大切であり、そのスタンスは、私がずっと大切にしてきた医療の原点でもあります。

 今後、消費税増税と高齢者に対する医療費負担の引き上げが検討されております。従って、同じお金を払うなら、よりよいものを求めるのは普通の感覚であり、中途半端なもの、時代遅れのものは淘汰されてゆくことは当然予測されることであり、医療機関でも、今後勝ち組と負け組がはっきりとしてゆくものと思います。病院職員一同、緊張感を持ち、気持ちを新たに、住民の皆さまにより良い医療サービスを提供できるよう努力して参ります。

 医療と町の活性化とは車の両輪の関係にあります。町が活性化してゆくと医療の充実が求められますし、また地域の医療の充実は、Iターン、Uターンの方々を増やし、住民定着の大きな要素となります。皆さまのご支援をいただきながら、私たち職員一同は一丸となって、医療の面から串本町を盛り上げてゆけるよう努力させていただく所存です。どうか暖かい眼でお見護りください。何卒よろしくお願い申し上げます。

平成30年4月
串本町病院事業管理者
竹村 司
Takemura Tsukasa